2018年01月19日

サムライ研究会12月公開例会を開催!「

 サムライ研究会の12月定例会が、12月14日に公開例会として本会議所701会議室で開催されました。
 公開例会とは、通常の例会は、サムライ研究会のメンバーのみの参加ですが、一般の方々にも当会の活動内容を広く知っていただきたいという想いから、年2回、著名人を呼んで、講演会等を開催しています。

 今回が、今年度、第一回目で、経営者を含む一般の皆様がたくさんお越しいただき、合計80名の皆様にお集まりいただきました。

 講師には、ベストセラー「日本でいちばん大切にしたい会社」シリーズの著者で知られる法政大学大学院政策創造研究科坂本光司教授をお招きしました。
 坂本教授は、大学の仕事の他に、現在までにきらりと光る8000社を超える会社を訪問し、取材する活動を続けられています。
 当日は、その中で、特に、印象に残った企業を事例を交えて紹介。

12月@.JPG

 坂本先生曰く、景気低迷が続く状況でも、企業が成長を続ける条件について、第一として下記の5つのものを大切にしている会社が多いとのことです。
 
 企業が大切にすべきものとして、
  @従業員とそのご家族 
  A仕入・外注先の方々
  B顧客の皆様
  C高齢者、障害者など社会的弱者
  D株主・出資者

 成長を続ける企業はこの考え方を実践しており、特に、従業員を大切する仕組みを作っているとのことです。
 利益だけを追求する企業の成長は一時的で、本質的な成長ではなく、社会的な貢献も果たしていないと強調されていました。
 業績はあくまでも後からついてくることで「関係するすべての人を幸せにする取り組みこそが企業活動の基本である」とのことです。

 「すべての取り組みは意識を難しいことでなく、意識すれば誰でもできる」と締めくくられました。

 参加者の多くが、経営者であり、「経営に対する考え方が変わった」などの今後の参考になる意見が多かったとのことで、盛大に終了しました。
 
12月A.JPG
 講演会終了後は、残念ながら、坂本教授は出張の関係で、参加は出来ませんでしたが、一般参加者を含め、交流会を実施し、メンバーと懇親を深められました。
12月C.JPG
posted by サムライ研究会 at 00:00| Comment(0) | 例会報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: