2016年04月17日

平成28年4月14日に平成27年度総会が開催されました!

平成28年4月14日(木)18:30より、尼崎商工会議所にて、
尼崎商工会議所サムライ研究会の総会が開催されました。

例年通り、昨年度の事業報告ならびに決算報告、役員選任、
新年度の事業計画ならびに予算に関する報告が行われました。
IMG_5396.JPG

当会の総会開催日段階における会員数118名中
規約上有効な出席数があったため(委任状出席を含む)
無事総会も成立し、盛会裡のうちに終了致しました

当日ご出席頂いた会員の皆様、委任状をご提出頂いた会員の皆様
お忙しいところご協力を賜り、誠にありがとうございます

当日参加人数については当会の会員数からすると
まだまだたくさんの皆様にご参加いただけるのではないかと感じております

ご参加いただくためには、美味しいお料理、素敵な基調講演、楽しい企画演出
参加いただいた会員の皆様同士の交流促進等
さまざまな企画が考えられますが、平成28年度においては
総会のみならず、毎月の例会において
もっと高い数字の出席率になるべく工夫が必要であると強く思いました

平成28年度は、前年度以上に楽しい企画を検討のうえ
より一層よい会、楽しい会となるよう検討していきたいと思います。

総会後には講師に(株)栄水化学 代表取締役の松本久晃氏をお招きし、講演会が開催されました。
テーマは『経営する上で大切なこと -経験から学び実践していること-』。
IMG_5400.JPG

(株)栄水化学様は昭和34年創業で現在は従業員約130名を擁する会社でビルメンテナンス業をされています。
もとは畑違いのコンピューター関連の会社で働いていた松本氏が家業である(株)栄水化学に入社した当時、
社員は自分達の会社に誇りを持っておらず、社名を他の人に言うことを嫌がったほどだそうです。
そのことに危機感を覚えた松本氏は長い年月をかけて数々の改革を起こしました。
本当に沢山の苦労をしてきたのでしょう。
松本氏の言葉一つ一つがとても重みのあるものでした。
IMG_5405.JPG

ここで松本氏が大切にしている事の一部を紹介したいと思います。
・取り敢えず行動する
・クレームは宝の山(ラッキーコール)と捉える
・聞く能力を強化する
・他喜力を高める、高い人と関わる
・オール5の人材は採用しない

また、このような事も仰っていました。
『現場で起こる事は全て私(社長)の責任』

何か問題が起こった時は社員のせいにせず、自らに原因があると捉え、
すぐに対応する。
名刺には代表取締役だけではなく、"お客様係"とも書かれています。
肩書きに奢ることなく、自らが最前線に立ちクライアントと接する。
130名も従業員を抱える会社であればこれは簡単なようでなかなか難しいのではないでしょうか。
話を聞いていて本当に感心しました。

また会社には以下のような素晴らしい制度があるようです。
1.困った時はお互い様制度
→子供の用事、病気、家族の介護などが必要となった際に遠慮なくいつでも休みが取れる制度

2.いつ帰ってきてもいいよ再雇用制度
→その名の通り、一度退社しても遠慮なく戻って来ても構わない、再雇用制度

この世知辛いご時世に本当に粋な会社だなと思いました。
クライアントだけではなく、従業員にも思いやりのある会社はやはり継続的に成長するものだなと強く感じました。
皆さんの会社は如何でしょうか?

講演のあとは同会場にて松本氏も交えて懇親会が行われました。
メンバー同士より一層親睦を深めつつ、そして会として大きな変革を起こせるような、
そんな一年になればと思います。

松本様、本当に貴重なお話をありがとうございました。

サムライ研究会理事 大江 俊輔
(LUSTY design一級建築士事務所 一級建築士・インテリアデザイナー)

IMG_5410.JPG

    
posted by サムライ研究会 at 20:14| Comment(0) | 例会報告