2017年08月04日

5月例会「士業が知っておくべき情報セキュリティ対策」

平成29年5月15日(月)18:30より、
尼崎商工会議所にて、本会の5月定例会が開催されました。

アップが随分と遅くなりましたがご報告させて頂きます。


今回は講師に特定非営利活動法人ITC近畿会の生田勝氏と金田謙一郎氏をお招きし、

「士業が知っておくべき情報セキュリティ対策」というテーマのもと、ご講演して頂きました。



CIMG5972.JPG


情報セキュリティ対策

なんだか、小難しい単語ですね。


現代人は情報で溢れかえっています。

情報化社会と言われて久しい今日ですが、

今や老若男女誰もがもの凄い情報量の中で日々生活しております。


我々が日々、どれ位凄い量の情報の中で生活しているのかと言いますと、

少し昔の話になりますが、

とある研究者の2001年に作成された報告書では、

2001年から2003年までのわずか3年間に貯蓄された情報量が、

人類が30万年かけて貯蓄してきた情報量を超えているとのことです。

“ 300,000年の情報量 < わずか3年の情報量 ですよ。


また、

別の2007年のデータでは、

世の中に出回っている情報が1997年と比べて410倍になっているというデータがあります。

しかもこの”410という数字、今後は更に大きくなるとのことですから恐ろしいです。

人間が処理できる情報量は変わっていないにもかかわらずです。


今や個人情報はあらゆる手段で第三者に入手され、

瞬く間に拡散されてしまう、恐ろしい世の中です。

現代人であれば誰もが嫌が応でも、

情報の扱いに対してはよく考え、

慎重に扱わなければならない世の中になりました。


そこで今回、

個人情報をたくさん取り扱う我々士業の為の勉強会として、

顧客をはじめとするあらゆる情報を守る為の方法を、

講師の方々よりご教示頂きました。


詳細については極めて専門的な話ですので割愛させて頂きますが、

今回の勉強会のテーマである、

情報セキュリティ対策について説明させて頂きますと、

「私たちがインターネットやコンピュータを安心して使い続けられるように、

大切な情報が外部に漏れたり、ウイルスに感染してデータが壊されたり、

普段使っているサービスが急に使えなくなったりしないように、

必要な対策をすること。」

となります。


文章を読めば意味は理解出来ますが、実際に対策をとる為の行動を起こすとなれば別ですよね。

小手先で理解し、実践出来るものではないと私個人は思っております。


法人・個人関係なく、この対策に対して、本気で学び実践しないといけない世の中であることは間違いありません。

自分の身は自分で守る。

昔から言われていることですが、現代はこの"情報"に対してもより一層の注意が必要であると、

痛感させられた、大変貴重な機会となりました。


どうもありがとうございました。



      サムライ研究会理事 大江 俊輔(一級建築士)


posted by サムライ研究会 at 14:09| Comment(0) | 例会報告

2017年05月03日

平成29年度サムライ総会

平成29年4月20日(木)18:30より、尼崎商工会議所にて、
尼崎商工会議所サムライ研究会の総会が開催されました。

例年通り、昨年度の事業報告ならびに決算報告、役員選任、
新年度の事業計画ならびに予算に関する報告が行われました。


当会の総会開催日段階における会員数113名中
規約上有効な出席数があったため(委任状出席を含む)
無事総会も成立し、盛会裡のうちに終了致しました。

当日ご出席頂いた会員の皆様、委任状をご提出頂いた会員の皆様
お忙しいところご協力を賜り、誠にありがとうございました。

平成29年度は、会長:佐々木、副会長:鍛治先生、増田先生
の体制で頑張って行くことになりました。
より楽しい会にできるよう、また、会員の皆様に役立てるよう、
有益な企画を考えていきたいと思います。
失敗もあるかもしれませんが、この辺りは暖かい目で見守ってやって下さい。
サムライ研究会を盛り上げていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

CIMG5952.JPG

総会に引き続き、講師に(株)ふたごじてんしゃ代表取締役の中原美智子氏をお招きし、
『私が必要なおサムライさん』というテーマで講演して頂きました。
IMG_7109.JPG
中原氏は、双子の子供にお出かけさせてあげたい、という思いから事業を思い立ち
メーカーが相手をしてくれないなど、いくつもの壁を乗り越えて来られました。
困難に直面したときは、喜んでくれるママ達の姿をイメージして、
絶対にあきらめないと自分を奮い立たせていたそうです。
そして、そのような熱い想いを胸に、現在も大きな壁を乗り越えるべく頑張っておられます。

中原様のお話を聞いて、自分も胸が熱くなり、依頼者の為に頑張ろうと改めて思いました。
IMG_7105.JPG
また、中原氏は、事業を進めるうち、全てのことを自分でする必要はないという事に気付き、
積極的に、尼崎商工会議所などの機関を利用し、我々士業も活用するようになったとのことです。
その中で、我々士業に相談した時にどのように感じたか、我々の「営業」につながる貴重なお話をして頂きました。

中原様によると、我々の何気ない一言で、聞こうと思っていたことが聞けなくなったとのことであり、
「士業に聞く」ということ自体がハードルになっているという事を、改めて感じました。
我々は、一般の方には「こんなことを聞いていいんだろうか」と遠慮している人がいるという事を肝に銘じるべきでしょう。
IMG_7129.JPG CIMG5964.JPG IMG_7123.JPG
その他、中原様には身にまつわる貴重な話をたくさんしてもらいましたが、
中原様自身がレジュメで、「私を助けてくれた先生方」と題して
「専門性が高いのは当たり前 信頼して話せる人」
「分かりやすい言葉を使って隣で話してくれているような人」
とまとめられていましたので、ご紹介します。

講演の後は同会場にて中原氏も交えて懇親会が行われました。
中原様、本当に貴重なお話をありがとうございました。

IMG_7146.JPG

さて、次回例会は、NPO法人ITCの金田謙一郎氏、生田勝氏を講師としてお招きして
「士業が知っておくべき情報セキュリティ対策」をテーマにご講演頂きます。
ITは、もはやサムライ業にとってなくてはならない活動ツールでありますが、
他方で、情報漏洩などリスクが常に存在します。
業者任せでよく分からないという方は必聴・珠玉の講演ですので、
是非、奮ってご参加ください。


サムライ研究会会長 佐々木和弘 (弁護士)
posted by サムライ研究会 at 12:19| Comment(0) | 例会報告

2017年03月25日

3月定例会「てづくり工場組合と尼崎商工会議所サムライ研究会との交流会事業」

平成29年3月24日(金)
尼崎商工会議所サムライ研究会の3月定例会が開催されました。

今回の企画は、これまでにない試みで、サムライ研究会のメンバーが揃って商工会議所を離れ、工場見学・講和・交流会にのぞむといったものでした。

2015年11月放送のガイアの夜明けで、大阪西区九条の「鐵のまち」としての活動を紹介された「てづくり工場組合」さんと、直に現地で接しました。

まずマイクロバスで九条へ。
IMG_6936.JPG
級ゥ山金属プレス工業所玉船工場を訪問し、組合副代表をされている黄山琢真さんのご説明を聴きながら、関西では唯一とも言われる500tプレスの実物を見学したりしました。
IMG_6969.JPG
続いて九条北会館に移動し、引き続き黄山副代表からの講話をお聞きしました。
講話では、これまでの事業のあらましから、なぜ「てづくり工場組合」を設立するに至ったのか、ガイアの夜明けに取り上げられることになった経緯やエピソードをお聞きしました。
IMG_6973.JPG
印象的だったのは「自分たちが思っているほど、想像以上に認知されていない」というお話で、地元や業界内では「九条は鐵のまち」として有名だと信じていたのに、少し離れるだけで誰も知らないという現実を知ったことが、活動の原点ということでした。

「ガイアの夜明けを見て初めて知りました」と、同じ西区の事業所から連絡をいただくこともあったとか。
それだけに、九条地域のブランド化、九条の名前をあげていくことに意義を感じておられました。
IMG_6974.JPG
九条のまち全体が「鐵を加工する一大事業所」のようなもので、ひとつひとつの事業所は、イチ工程のプロですが、横の繋がりで連携していくことで、材料だった金属が、切断・穴あけ・曲げなどの工程を経て製品になっていき、まちの中を回るだけでクライアントのニーズに応えることができるため、そのスピードは屈指とのことでした。
IMG_6992.JPG
講話をお聞きした後は、交流懇親会の場に移り、組合代表でもある轄a西鐵鋼の桜井宏光さんを始め、組合メンバーの皆さんとざっくばらんに意見交換をしました。
IMG_7003.JPGIMG_7004.JPG
今回の定例会で意外な発見だったのは、私たち士業と、てづくり工場組合さんの事業とに共通する部分があったことです。

我々もサムライ業として「イチ工程のプロ」ですが、クライアントのニーズは多岐にわたるので、他の専門家の力を借りることはよくあります。
その時はまさに横の連携を図るわけで、その時に必要になるのが日頃からお互いのことをよく知っているか否かの、普段からの繋がりです。
サムライ研究会という器を利用して、他士業との連携を上手に活用している会員の皆さんの姿と、てづくり工場組合さんの活動が重なって映りました。

それに「想像以上に認知されていない」という言葉にも、ハッとさせられました。
各士業の認知度アップの必要性もさることながら、「専門家集団」の認知度アップも同様に必要なのかもしれませんね。


さて、来月4月は、平成29年度の総会です。
4月20日(木)に開催されますので、皆様宜しくお願い致します。



サムライ研究会監事 間之川寿光
(まのかわ事務所 社会保険労務士・行政書士)


posted by サムライ研究会 at 11:49| 例会報告