2017年08月30日

8月例会「信頼力の魅せ方・話し方」

290824:サムライ例会

 今回は『信頼力の魅せ方・話し方』としてチャームUPコンサルタントの田村純子様に講演を頂きました。
 佐々木会長の挨拶もそこそこにスタート。
 まずは田村さん、本日の講演受講後の目標として「明日から皆さんが公私ともにモテモテになる」スキルの伝授…とのこと。さて、モテモテになれるのか…。
 田村さんはアナウンサー出身。私がテレビの向こう側で目にするアナウンサーの方々同様、田村さんも背筋がピンと、朗らかかつハキハキと、抑揚のある聞き取りやすい声で表情豊かに話されます。当然ながら『好印象』です。
8月定例会@.JPG
 この『好印象』はある意味「非現実な世界の方」ゆえに備えている魅力…と思っていたのですが、田村さんの講演2時間を受けた後は、それが『コツ』『練習』『ルール』など、いわゆる後天的なものであると気づかされます。
 ステレオタイプな捉え方ではありますが…私を含め士業の皆さんは『センセイ』と呼ばれる自由職業人ですから、あまり人様から叱咤される機会は少なくなってしまいます。それ故、所作に難がある場合であっても改善されない傾向にある気がします。ジョハリの窓でいう『盲人の窓』ですね。それ故に『好印象』となるための努力を怠っているのかなあ、と素直に感じられていきます。
 田村さんの講演は数回の『座学』と『実演』で進んでいきます。日頃小難しい顔で仏頂面の先生方(失礼!)も田村さんの笑顔でガードを下げられ、前のめりで参加していきます。他の先生方とも講演後の懇親会で話していたのですが、田村さんのこのテンポが小気味良く、ドンドンとレジュメのページが進んでいきます。あっという間の2時間でした。
8月定例会C.JPG
 学んだことは、士業故にヨリ一層所作に気を付けるべきだということ。高度知識に胡坐をかかず、田村さんの講演をきっかけとして(ほんの少しで良いので)誰かと面するときに姿勢や話し方、表情に意識を向けるだけで『モテモテ』に近づけるのだと素直に気付けたのが収穫でした。
 朗らかな場の雰囲気そのままに懇親会に。「笑顔!」「姿勢!」などと言いつつ、皆でお酒をたしなみつつ何時もよりも盛り上がっていました。

 次回の例会は9月14日。
 『士業のための簡単ペーパーレスオフィスの実現!』として、非常に多くの商工会議所や税理士会にて講演実績のある富士ゼロックス大阪株式会社の星野淳一氏。私も2年ほど前に別の場所で星野氏の講演を聞いたことがあるのですが、まさに目からうろこ。ペーパーレスの実務的なノウハウを惜しみなく披露して頂けます。ぜひご参加ください。

サムライ研究会 副会長
鍛治伸哉(税理士)
posted by サムライ研究会 at 11:34| Comment(0) | 例会報告

2017年08月28日

7月例会「「筆跡」からみるセルフメンタルチェック」


7月の例会は、書道正師範・筆跡心理カウンセラーの本山 裕子氏により、

「筆跡」からみるセルフメンタルチェックと言う内容でお話しをして頂きま

した。

欧米では、企業が新入社員の採用にも積極的に採用されているとのことでし

た。

個人的には、日本でも積極的に活用するとよいと思います。


7月例会D.JPG


グループに分かれてから、先ず最初に講師から指示して頂いた特定の文字を

A4に書き込んで、各グループ毎にシャッフルし、各々のその特定の文字が

記載された4Aに、特定の視点からの評価を書き込み、それを各自に戻して

お話しがはじまりました。


7月例会F.JPG


書いた文字から現在どのような心境であるかや各自の性格・歩んできた人生

がわかるとのことでした。


こんなふうに書いてあると自閉症気味であるとの説明があり、参加者の中に

は、そのような方はおられなかったようです。


大変楽しい例会であったと思います。


その後の懇親会では、何人かの参加者が講師に各自で書いたA4をみせて個

別にコメントをもらっていました。


私も見て頂きましたが、すごくあたっており、改めて筆跡鑑定のすごさを体

験することができました。


是非、皆様も機会があれば筆跡鑑定を受けられてはいかがでしょうか。


サムライ研究会 理事

垣木 晴彦(弁理士)




posted by サムライ研究会 at 09:35| Comment(0) | 例会報告

2017年08月04日

5月例会「士業が知っておくべき情報セキュリティ対策」

平成29年5月15日(月)18:30より、
尼崎商工会議所にて、本会の5月定例会が開催されました。

アップが随分と遅くなりましたがご報告させて頂きます。


今回は講師に特定非営利活動法人ITC近畿会の生田勝氏と金田謙一郎氏をお招きし、

「士業が知っておくべき情報セキュリティ対策」というテーマのもと、ご講演して頂きました。



CIMG5972.JPG


情報セキュリティ対策

なんだか、小難しい単語ですね。


現代人は情報で溢れかえっています。

情報化社会と言われて久しい今日ですが、

今や老若男女誰もがもの凄い情報量の中で日々生活しております。


我々が日々、どれ位凄い量の情報の中で生活しているのかと言いますと、

少し昔の話になりますが、

とある研究者の2001年に作成された報告書では、

2001年から2003年までのわずか3年間に貯蓄された情報量が、

人類が30万年かけて貯蓄してきた情報量を超えているとのことです。

“ 300,000年の情報量 < わずか3年の情報量 ですよ。


また、

別の2007年のデータでは、

世の中に出回っている情報が1997年と比べて410倍になっているというデータがあります。

しかもこの”410という数字、今後は更に大きくなるとのことですから恐ろしいです。

人間が処理できる情報量は変わっていないにもかかわらずです。


今や個人情報はあらゆる手段で第三者に入手され、

瞬く間に拡散されてしまう、恐ろしい世の中です。

現代人であれば誰もが嫌が応でも、

情報の扱いに対してはよく考え、

慎重に扱わなければならない世の中になりました。


そこで今回、

個人情報をたくさん取り扱う我々士業の為の勉強会として、

顧客をはじめとするあらゆる情報を守る為の方法を、

講師の方々よりご教示頂きました。


詳細については極めて専門的な話ですので割愛させて頂きますが、

今回の勉強会のテーマである、

情報セキュリティ対策について説明させて頂きますと、

「私たちがインターネットやコンピュータを安心して使い続けられるように、

大切な情報が外部に漏れたり、ウイルスに感染してデータが壊されたり、

普段使っているサービスが急に使えなくなったりしないように、

必要な対策をすること。」

となります。


文章を読めば意味は理解出来ますが、実際に対策をとる為の行動を起こすとなれば別ですよね。

小手先で理解し、実践出来るものではないと私個人は思っております。


法人・個人関係なく、この対策に対して、本気で学び実践しないといけない世の中であることは間違いありません。

自分の身は自分で守る。

昔から言われていることですが、現代はこの"情報"に対してもより一層の注意が必要であると、

痛感させられた、大変貴重な機会となりました。


どうもありがとうございました。



      サムライ研究会理事 大江 俊輔(一級建築士)


posted by サムライ研究会 at 14:09| Comment(0) | 例会報告